電子タバコとニコチン!知っていると役立つこと!

電子タバコとニコチン!知っていると役立つこと!


電子タバコにはニコチンが入っていないものもある

電子タバコはニコチンの有無で大別できます。ニコチンが入っていないからといって、人気がないわけではありません。ニコチンが入っていない電子タバコはライトユーザーや喫煙を止めたい人などに活用されます。特にニコチンなしの方はニコチンをだんだんと減らして禁煙をしようとする人の最終段階として利用されるのです。また、電子タバコにはフレーバーが用意されています。フルーツなどの味を楽しめるのは電子タバコのメリットです。ニコチンを楽しむのではなくフレーバーを楽しむものとして利用されることも多いです。

ニコチンが入っている電子タバコ

ニコチンが入っている電子タバコはリキッドにニコチンが含まれています。そのため、ニコチンの分量を変えることで摂取量を調整することも可能です。ニコチンの摂取量が変わらない通常のタバコとはその点が違うでしょう。また、ニコチンの量が多すぎると、いつもよりもきついと感じます。ニコチンの量を自分の好みに合わせて作ることも大事なポイントです。ニコチンは健康へ影響するので、量を減らすようにするとリスクを減らすことに繋がります。

ニコチンが入っているリキッドを入手する方法

ニコチン入りのリキッドは国内では販売が禁止されています。日本ではニコチンを毒物に指定されているため、一般で販売することができないのです。そのため、ニコチン入りのリキッドは海外から輸入する必要があります。個人輸入や海外のサイトから直接購入すれば買うことは可能です。国内で販売していた場合は法律に触れるということを覚えておきましょう。

vapeには、いろいろな種類があります。中でもpod型vapeは、カートリッジを交換するだけで、手軽に楽しめるので初心者におすすめです。