海外で大人気!電子タバコVAPEのメリットとは

海外で大人気!電子タバコVAPEのメリットとは


加熱式たばこと違う電子タバコのVAPE

紙タバコの愛用者が、加熱式タバコに切り替えたというケースが増えています。喫煙場所が限られ、タバコ自体の値段も値上がりしているため、電子タバコを探しているという方もいるのではないでしょうか。加熱式たばこは、タバコの葉をバッテリーの力で高加熱を行います。その蒸気を吸うため、タールは大幅に削減されますが、ニコチンはそのまま吸収する仕組みです。電子タバコのVAPEは、液体フレーバーを同じくバッテリーによって加熱させてその蒸気を吸引しますが、日本国内で販売されているリキッドにはニコチンやタールが含まれていません。そのため、ニコチンが入っていないタイプの電子タバコをVAPEと呼ばれています。香りやフレーバーを楽しむもののため、減煙、禁煙したい方や匂いが気になる方に支持されているのです。

手間やコスパで選べる仕様

VAPEは、本体によってリキッド式、カートリッジ式、使い捨てのタイプがあります。リキッド式は、アトマイザーと呼ばれる容器にリキッドを入れて使う方法です。リキッド式は、容器の定期的なメンテナンスが必要ですが、本体が正常に機能している限りは長く使えるというメリットがあります。繰り返し使えるので、長く愛用したいという方やコストパフォーマンスがよいVAPEを探している方におすすめの方法です。カートリッジ式は、カートリッジに入っているリキッドがなくなったら、カートリッジそのものを交換します。充填式と違い、容器を洗浄する手間はありません。リキッド式では面倒という方はカートリッジ式を選んでいます。使い捨てタイプは、本体とリキッド部分が一体化したVAPEです。別々に購入することなく、開封したらすぐに使うことができます。交換やメンテナンスの必要がなく、蒸気が出なくなるまで楽しむことが可能です。お試しで試してみたい方や本体やリキッドを買うのが面倒という方に向いています。

電子タバコ、VAPEに替えるメリット

VAPEは、紙タバコや加熱式タバコよりもリーズナブルなので、タバコのコストを下げたいという方に最適です。紙たばこは500円前後の価格がほとんどなので、タバコ代が1ヶ月1万円以上になってしまうこともあります。VAPEは繰り返し使うことができるため1ヶ月5,000円程度に抑えることが可能です。タバコ特有の匂いが気になる方も多いでしょう。VAPEはフレーバーの水蒸気なので、匂いがなく、ほんのりとよい香りがします。紙たばこや加熱式たばこは、ニコチンやタールが含まれているので、喫煙への身体への影響が考えられますが、VAPEにはニコチンとタールが入っていないため、身体への心配も必要ありません。急な禁煙が難しいという方でも、フレーバーを吸うことで体に負担をかけない禁煙が可能です。

juulはアメリカで圧倒的なシェアを誇る電子タバコです。ポケットに入る大きさと手軽さから人気になっています。ニコチン入りのため日本では購入制限があり、本国でも健康面での問題が起こっています。