ペットも飼い主も幸せに生活するためのペットの選び方

ペットも飼い主も幸せに生活するためのペットの選び方


戸建て?マンション?住宅環境を確認

戸建てかマンションかなど住宅環境によって、選ぶペットは異なります。マンションやアパートなど集合住宅の場合、ペット可、と言われていてもペットの大きさが決まっていることが多いです。犬であれば小型犬のみ、大型犬ならここまでのサイズ、など規約があるはずなので確認してみましょう。見られなければバレないだろう、と規約に違反して飼うのはいけません。隠して飼っているつもりでも、鳴き声やニオイでバレてしまうもの。万が一バレてしまった場合、ペットの処遇を考えなければなりません。最悪の場合、自分も出ていくことになる可能性もあります。

ペットの性質をチェック

戸建て(持ち家)の場合はどんなサイズのペットを飼っても違反になることはありませんが、飼いたいペットの性質を考慮する必要があります。特に大型犬の場合、毎日の散歩が必要です。面倒だから、忙しいから、などといった理由で散歩を休みがちになると、ペットの健康に悪影響が出てしまいます。運動不足で肥満になり、肥満になると心臓に負担がかかったり、糖尿病のリスクが高まったりします。ストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。鳴き声も小さく、散歩に連れて行かなくてもよいフェレットなら手間がそれほどかからないとも言えます。その代わり一人で遊ぶ環境を用意する必要があります。フェレットが自由に動き回れるスペースがないとストレスを溜めてしまうでしょう。ウサギはおとなしいので飼いやすいのでは?と思われがちです。犬や猫のように予防接種も必要ありません。フンの掃除も楽です。しかしウサギは臆病でストレスを溜めやすい性質です。大きな声で接したり、乱暴に扱ったりするとストレスで食欲がなくなったり、病気になったり、最悪の場合死んでしまう可能性もあるのです。構いすぎもストレスになりますが、コミュニケーションが不足するのもNG。忙しすぎて遊んでいられない、という人はウサギにストレスを与えてしまうかもしれません。

ペットを飼う際に必要な費用をチェック

ペットにはエサ代のほか、種類によって予防接種の費用やケージ、遊び道具の費用、病気になったときの治療費など、いろいろな費用がかかります。ワクチンの費用は犬の場合、大型犬か小型犬かで異なります。避妊手術の費用もメスかオスかで変わります。中には特別なエサが必要でエサ代が高くなることもあるでしょう。冷暖房などの環境を整えなければならないペットもいます。ペットを飼うことでどのくらいの費用がかかるかを確認することも大切です。

ペットショップでは子犬や子猫、鑑賞魚や鳥類などが販売されています。購入希望者はその日に引き取ることができます。